スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


その後、また各店でも展開していただいています。

紀伊国屋書店・新宿本店
イラストは「世界屠畜紀行」(内澤旬子さん)のものです。


タワーレコード渋谷店


TSUTAYA渋谷店



また昨日(12月9日)、昨年からずっと映画の宣伝に協力して頂いている
宮城・蔵王のブランド豚肉(←ほんとに美味しい!)「ありが豚(トン)」の
高橋希望さん主催のお食事会でも、少し紹介させて頂きました。



今回は映画「ブタがいた教室」のヒット記念ということで、
「ブタ〜」の配給会社からもお話を頂いて実現したものです。
食品業界関係者や先生方など、多くの方にご来場いただきました。



会場となった表参道のレストランは、この「ありがトン」を1頭丸ごと!買い取り、
それぞれの部位ごとに、もっとも合う料理を研究して提供されています。
普通、1頭丸ごとというのは、お店としては効率が悪い部分もあろうかと
思いますが、そのあたり、お店としての自信と食材への愛が感じられます。

ちなみにシェフの方が、若くてハンサムなのに「料理バカ」という感じで、
いいキャラクターの方でした。店員さんもすごく親切。
ランチもやられているということなので、
近くに行かれた際は、ぜひお寄りください。
値段も内容に比して良心的です。なにしろ美味しい。

↓ぜんぶ、ありがトンを使用した特別メニューです


青山ワインラブホームページ

↓主催の高橋さんは養豚の作業着で登場。
良いお店で自分のブタを扱ってもらって、すごく嬉しそうなのが印象的でした!



スポンサーサイト

  • 16:52
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









trackback

| /PAGES |